VIO脱毛するときの体制って恥ずかしい?恥ずかしさを軽減させる方法

VIO脱毛するときの体制って恥ずかしい?恥ずかしさを軽減させる方法

恥ずかしいと思うのは乙女心として最初こそあって当然のこと、でもそれは実は本当に始める前と、最初の段階だけです。

驚くかもしれませんが、VIO脱毛は全く恥ずかしいことではありませんし、多数の人がすでに体験をしています。

VIO脱毛を受けること自体、全然恥ずかしいことはない!

デリケートゾーンは自分でも確認をしたことが無いという人も結構多い部位、だからはじめは脱毛施設でVIO脱毛をするのは恥ずかしいと思う人はたくさんいます。

それは最初だけの話であって、恥ずかしいと思っていた人も、2回目3回目と回数を重ねるうちに、VIO脱毛に慣れてくることがほとんどです。

照射をしてくれるスタッフはこれが仕事、今まで何人もの脱毛の施術をこなし、多数の経験を重ねてきていますので、デリケートゾーンも見慣れています。

デリケートゾーンを見られるが恥ずかしいけど看護師はどう思っている?

施術をする人数は1日に何人もですから、そもそも特に何も考えることはありません。

日々多数の人の脱毛を行うため、良い意味でも何も考えることなく脱毛の施術に専念してくれます。

デリケートゾーン全体と膣も見せるのは恥ずかしいと思うのは本人だけ

痛みなどに配慮しているため、いい意味でなんとも思っていません。

下半身をさらけ出すのは抵抗があると感じても、看護師は照射の痛みを軽減させるための配慮をするなど、心配りの方を気にしてくれるため心配はいりません。

出来るだけ恥ずかしくないように、照射部位以外にはバスタオルをかけるなど、親切な配慮を忘れません。

VIO施術の体制は恥ずかしくないの?

Vラインの体制は?

いくつかのパーツ分けされているのもVライン、デリケートゾーンの中でビキニラインと呼ばれるのは、全体というよりも上部の事です。

光やレーザーはデリケートゾーンの中でも、上部めがけての照射になります。

施術ベッドに仰向けになり、足を開きますが大きく開脚ではなく、広げるとしても肩幅程度です。

着用している紙パンツをその場で脱ぐわけではなく、紙パンツは照射に合わせて恥ずかしくないように、わずかにずらしつつ進められます。

Iラインの体制は?

女性器の横であり粘膜に最も近い部位がIライン、Vラインよりもさらに奥の方です。

Iライン脱毛時は施術ベッドの上で仰向け状態となりますが、足を開く際に数字の4の字のように開いて行います。

両方をいっぺんに4の字ではなく、片方だけで構いません。

紙パンツはIラインの照射の際に多少ずらしますが、スタッフはスピーディーに行うためすぐに終わらせてくれます。

Oラインの体制は?

肛門回りの狭いパーツではあるものの、濃くて太い毛が生えやすいのがOラインです。

ヒップの奥に存在をするのがOライン、そのため脱毛をする際には仰向けではなく、うつ伏せで行うのが主流、横向きになって照射をする事もあります。

奥にあり若干ひだもありますので、皮膚を軽く左右に引っ張りつつ照射を行う部位です。

紙パンツは着用をしたままで、Oライン照射時にだけ少し紙パンツをずらして照射を行います。

施術する時ってどんな格好?

あらかじめ用意をされている柔らか素材のガウン、または楽に着用したり脱ぐこともできるワンピースに着替えます。

VIO脱毛をする際には自分の下着は脱ぎ、使い捨ての紙ショーツを履くのもお約束です。

利用をする脱毛施設の中には、最初から紙ショーツを用意していないことも、中には紙ショーツはあるものの有料というケースもあります。

いずれにしてもVIO脱毛を受ける際には、その前に着替えを済ませる必要がありますが、自分で何か特別な衣装を持参する必要はありません。

VIOはどこまで脱毛してるの?

実は気になるのは他の子たちは、一体どこまで脱毛をしているかということ、その人の希望に合わせたVIO脱毛をすることができます。

Vは無毛ではなく薄く綺麗に形を整えて、清潔を維持したいIラインとOラインはスッキリさせるツルツル派も多数

完全にVラインの毛を無くすことなく、好みの形状にしておきたいものの、生理の時も不快感が軽減して、普段の蒸れ防止対策となるように、OとIラインは無毛にしたい、そんなリクエストに応えることも可能です。

VIOのムダ毛は全部なくす派も

近年増加傾向にある人気なのは無毛状態にすること、もはやこうなればVIOのムダ毛の自己処理をする必要はなく、衛生面でも毛がある時のように気にする事もありません。

軽く毛量を減らしたいという事もできますし、デザインはショーツや水着から毛がはみ出ないような逆三角型にしたいなど、自分の好みを優先させ指定をする事ができます。

だから本人の好きなデザインにする事が可能、VIO脱毛は本人の自由です。

学生割引が使えて安く脱毛できる医療脱毛クリニックおすすめランキング

学生割引が使えて安く脱毛できる医療脱毛クリニックおすすめランキング

続きを見る

VIO脱毛の施術の流れを紹介

1 自己処理による剃り残しはないか、肌状態も万全かを照射前に確認する

いきなり照射を始めることはなく、火傷防止のためにもムダ毛の剃り残しはないかを確認し、さらに照射可能な状態か、肌の状態もチェックをします。

肌が黒く日焼けをしていたり炎症を起こしていたり、傷があるようなら積極的に脱毛を始めることはできません。

2 脱毛機で丁寧に照射していく

軽くテストショットを放ち、痛みなども確認したうえで、丁寧に尚且つスピーディーに照射を進めていきます。

部位によっては若干刺激を強く感じるところもあるので、自分でちょっと無理だなと思ったら、すぐにスタッフに伝えることです。

いったん照射をお休みして肌に休憩を与えたり、保冷材などで冷やしたり、痛み軽減対策をしてくれます。

3 保湿などのアフターケアも必ず行うこと

照射をした後まだほのかに熱を感じることもありますし、ささやかながら赤みを持つこともありますが、そうした症状を軽減させるためにも保湿ケアは重要です。

光やレーザーを照射することで、熱の力でムダ毛を生えさせる組織にダメージを与えますが、同時に皮膚内部には熱がこもります。

軽度の炎症になっている状態、つまり軽いやけど状態ですのでクールダウンは必須です。

加えて熱により水分量も少なくなっていますので、専用ローションや乳液などを用いての保湿を十分に行う必要もあります。

VIO脱毛が恥ずかしかったエピソード(口コミ)

事前にスタッフから皮膚への刺激についての説明はあったものの、軽く聞き流していたため、実際に照射をしてもらうとその痛みに驚いてしまい、自分でもびっくりするくらい大きな声を出していた。

予約前に自己処理をするように言われて自分では完璧にしたつもり、でも当日の事前チェックで結構剃り残しが多いと指摘されてしまった。明るい場所で鏡を見ながらだと綺麗に剃れますよと、親切なアドバイスまでもらい、余計に恥ずかしい思い出となることに。

事前に済ませておくべきムダ毛のシェービングをうっかりしてしまい、施術ベッドに横になってから看護師のチェックでわかった。優しい看護師は、責めることなく剃ってくれたものの、恥ずかしい思いをしてしまった。もはや無言で丁寧なシェービングは、かえって申し訳なさが出てくるほど、でも看護師には感謝しかない。

恥ずかしさをできるだけ軽減するために自分で出来ることは?

脱毛する部位のムダ毛処理を完璧に済ませておく

恥ずかしい体験でも多数声が上がっているように、うっかり自己処理を忘れてしまう事は往々にしてあります。

しかし施術時になって気が付くのはもっと恥ずかしい、そのため自己処理は忘れることなく、しかも念入りに行うのがポイントです。

薄暗い場所で慌てて行うのは剃り残しのもと、焦るとカミソリの刃で皮膚に傷をつけてしまうかもしれません。

そこで2日前には全体を剃っておき、施術前日にもう1回明るい場所で確認をして剃り残しがあるならシェービングをする事です。

普段から保湿してケアする

カミソリをあてた皮膚は見えない無数の傷でダメージを受けた状態、バリア機能も低下していて皮膚の水分も逃げがちです。

潤いの無い肌は脱毛の刺激も感じがち、自己処置をしたらローションやミルクで十分な保湿悔過を行うようにします。

VIO脱毛をしたあとで恥ずかしいと感じることはない?

彼氏はアンダーヘアのことどう思っているの?

確かに好きな人にどう思われるかは、女の子にとってはとても心配になること、脱毛をしたことで相手ががっかりしてはこちらも残念です。

相手を思いやる優しい心を持つ女性は大変多いもの、でもVIO脱毛は誰かのために行う事ではありません。

優先をさせるべきなのは自分にとってどうなのか、大きなメリットをもたらすと思うなら、迷うことなくVIO脱毛に踏み切ることです。

温泉など人にみられる場所では恥ずかしくない?

裸同士のお付き合いともなる場所の代表格の温泉は癒しのひと時を過ごせますが、デリケートゾーンのことも気になります。

温泉などでは一時的に恥ずかしいと思うかもしれませんが、それはほんの一瞬のこと、脱毛でVIOのムダ毛を無くす方がずっと楽ですし、その思いの方がはるかに勝つのも当然です。

まとめ

以上、VIO脱毛するときの体制って恥ずかしい?恥ずかしさを軽減させる方法について解説しました。

秘めた部位だけにVIO脱毛をするかどうかは迷いがち、でもVIO脱毛のメリットを知れば、今まで持っていた不安など吹き飛んでしまいます。

なぜならVIO脱毛で得られる快適さ、楽さはケタ違いですし、衛生面でも二重丸ですから、VIO脱毛を恥ずかしいと迷う理由はもうありません。

  • この記事を書いた人

akane

-脱毛